2016年5月12日木曜日

今更ですが、ご注意下さい!

以前、渋谷のマンションでairbnbを利用して宿泊していたゲストの
お子さんが転落死した事故があったことをご存知の方は多いと
思います。

当社がお部屋の清掃に伺った際に、バルコニーに椅子やテーブルを
設置してあるお部屋がありますが、当社では初回清掃完了時の
ご報告で小さなお子さんの転落の危険性があるので設置について
再度ご検討下さいと余計なお世話なのは承知の上で提言させて
いただいております。


写真をご覧いただけば明らかですが、こういった状況の場合、
ちょっと目を離した隙にお子さんが上って転落する可能性は
極めて高いといえます。

当社ではバルコニーの使用はあまり認めないことをお勧め
しておりますが、ゲストがバルコニーに椅子が欲しいと要求する
こともあるでしょう。

しかし、状況をしっかり説明をしておけば大体のゲストは理解を
してくれます。
もちろん、中にはそれでも設置して欲しいというゲストもいると
思います。

そこで、2つのリスクを比較してどちらのリスクを取るのかを
判断してみてはいかがでしょうか?

1. ゲストに満足してもらうため、バルコニーに椅子やテーブルを
設置して、いつ起こるか予想できない転落事故のリスク

2. バルコニーの使用を制限、もしくは椅子などは置かず、
ゲストに説明をしても納得してもらえずレビューにバルコニーに
椅子が無かったと書かれるリスク

私なら迷わず2のリスクを取ります。

もし1の転落事故でも起こったら、airbnbホストとしてではなく、
人生そのものが狂ってしまうからです。
airbnbで得られる1部屋の1ヶ月分の収入と1の事故による自身への
影響を考えてみるとどちらが良いのか判断できるのではないでしょうか。


そんなことはめったに起こらないから大丈夫と思われる方もいると
思いますが、めったに起こらないことが自分に起こってしまったとき、
後悔してもどうにもなりません。

airbnb運営ではいかにリスクを潰していくのかを考えることが
大切なことなのではないかと当社では考えます。

air's ROCK♪運営事務局

0 件のコメント:

コメントを投稿