2016年5月18日水曜日

ゲストにゴミの分別を上手にやってもらう方法

リスティングを運営する上でトラブルの原因になるのが
「ゴミの処分」であることは既にairbnb運営をしているホストの
皆様はご存知ですね。

当社が清掃に伺った際、ゴミ置き場にゴミを置かずにエントランスに
ゴミを捨ててしまっている光景を目にすることも珍しくありません。

中には住人の方がそういった行為をしていることも意外と多いのですが、
やはり不特定多数の外国人が出入りする「民泊」のせいにされることが
ほとんどです。
実際、当社が清掃に伺った際に管理人さんから声を掛けられて
「外国人のゴミの捨て方のマナーが悪くて困ってるんだよね!」と注意を
されることもありますが、私たちに言われても正直困る部分でもあります。

ゴミ置き場のドアの開け方が分からなくてゴミ置き場の手前に置いて
しまうゲストもいるようですので、そういったお部屋の場合はゴミ置き場の
場所はもちろん、ドアの開け方もしっかり写真などで説明をしてあげる
ことで無用なトラブルは防げます。

それよりも問題なのは「ゴミの分別」です。

当社ではゴミの分別は基本的には行っておりませんので、ゲストに
分別をしてもらうようにお願いをしておりますが、清掃に伺ってほとんど
のお部屋で目にするのは「可燃(burnable)」 「不燃( non-burnable)」
といった表記です。

自治体レベルで見ても、可燃の範囲や概念は意外と違っています。

とすると、外国人からするとどうなのでしょうか?
恐らく、もっと分からないのではないかと思います。

また、自治体の出している詳細な分別のポスターなどを見ても正直
うんざりするだけでまともに見ようとも思いません。

その結果、まともに分別も出来ず悲惨な結果を招くことになりかねません。
ゲストは決して悪気があって分別をしないのではなく、分別をしたくても
どうしてよいか分からない・・・というのが実態だと当社の経験上から
考えております。

ではどうしたらよいかというと、

PET BOTTLES (ペットボトル)

BOTTLES (ビン)

CANS (缶)

OTHERS もしくは THE OTHERS (その他)

の4種類に分別してもらうようにすることで問題発生を防ぐことに
大きく役立ちます。
大体旅行者が来て分別に困るような複雑なものを捨てることは
あまりありませんので、このくらいの分別で十分だと思いますし、
実際当社で運営しているお部屋もこのスタイルで2年ほどやって
いますが、かなりの高確率で皆さん分別してくれており、問題も
起こっておりません。

もちろん、ゴミ箱を4種類用意する必要がありますが、


こういったゴミ箱を利用すれば設置場所の問題も解決できますので
ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。
(このタイプはニトリで販売しています)

やはり、いかにトラブルのリスクを減らしていくかが円滑な
airbnb運営には欠かせませんね!

air's ROCK♪運営事務局

0 件のコメント:

コメントを投稿