2016年10月26日水曜日

クッション、ソファの素材は布orレザー?

前回の更新から1ヶ月経過してしまいました。

本当に毎日があっという間に過ぎていきますね。
今年も残すところあと2ヶ月余りとなりましたが、最近はお客様の
予約状況もかなり盛況のようで、当日チェックインがとても多く
air's ROCK♪も清掃スケジュールを組むのに毎日悩んでいます。

11月、12月とまだまだこれから予約も増えてくる季節ですので、
ゲストの受け入れ態勢をしっかり整えていきましょう!


さて、久しぶりに運営上のお役に立つ情報を書いてみようと思います。

先日、お部屋の清掃に伺った際に、トラブルによりお部屋に入れず
チェックアウトしていないゲストと一緒になりました。
お部屋を見たところ、帰り支度もまだだったため、女性のゲストという
こともあったので、また後で来ますと伝えたところ、構わないので
掃除を続けて欲しいという希望だったため、清掃をスタートしました。

清掃をしていると、そのゲストがタオルを取り出し、古くて汚いので
使いたくないから自分で新しいタオルを買って使用したと言い、私に
タオルを見せてくれました。
そのタオルはマットのように使用していたため、汚れがかなり酷い状態
でしたが、確かにかなり使い込んであるタオルで白地のものであった
ことから、より清潔感が無いような印象を与えていました。

そしてもう一つ、クッションをベッド下から取り出し、これも染みだらけで
汚いからベッドの下にしまったということで、クッションを見せられました。

このクッション、素材が布製のものでしたので、確かに大小いくつかの
染みがありました。
air's ROCK♪では毎回コロコロをかけていますが、クッションカバーの
交換、洗濯は行っておりません。
布製のクッションは新しいときは良いのですが、時間が経過すると
当然のように見た目が悪くなってきます。
臭いも付きやすいので、ゲストの印象はより悪くなります。


そこで、私も使っていますが、クッションを設置したい場合には
布製ではなく、レザータイプのクッションをご使用いただくことをお勧めします。

写真はニトリのレザータイプのクッションですが、とてもリーズナブルで
さらに安っぽくなく、長く使用しても臭いや汚れでゲストの印象を悪く
することがありません。

クッションを置くことでお部屋の印象をグレードアップして見せようとして、
逆に汚れたクッションを置き続けることで、ゲストに悪い印象を与えて
しまっては逆効果です。

毎回ご自身でカバーを交換、洗濯したり、染み抜きを出来る場合は
この限りではありませんが、長く良い印象を与える一つのテクニックと
してレザーのクッションを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ソファやソファベッドの素材についても全く同じで、私自身の経験と
たくさんのお部屋を清掃しながら見てきた結果、布製よりもレザータイプ
のものが間違いないのではないかと思います。


air's ROCK♪運営事務局

0 件のコメント:

コメントを投稿